ホンダ ビート ドット ジェーピーhonda-beat.jp

ホンダ ビート をこよなく愛するすべての方へ

ビートのタイヤがパンクしたのでスペアタイヤに交換

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビートのタイヤがパンク

タイヤがパンクしてしまったのでスペアタイヤ(テンパータイヤ)に交換です。

スペアタイヤに交換

まずはパンクしたタイヤをはずします。タイヤをはずす場合、ジャッキアップしてからでは、ナットを緩められなくなってしまうので、ジャッキアップする前にはずすタイヤのナットを緩めます。

車載工具のレンチでははずせないナットを使ってるの、ちょっと、面倒くさかったです。

スペアタイヤに交換

ジャッキはボンネットを開けると右フロントタイヤの横に格納されてます。ジャッキを下げる要領で緩めてはずします。

スペアタイヤに交換

ジャッキアップポイントにジャッキを当てて...。と思ったら、タイヤの空気が抜けきってしまったので車高が下がって、ジャッキが入る高さがなくなってしまいました。

スペアタイヤに交換

ジャッキが入るようにするためタイヤの下に角材を入れました。

スペアタイヤに交換

車載工具でジャッキアップするには写真の様な感じです。使い方、あってるかな?

スペアタイヤに交換

何が刺さっているのかと思ったら、大きなねじが刺さってました。どのみち、タイヤの溝もほとんどなかったので、交換のいいきっかけになりました。

スペアタイヤに交換

パンクしたタイヤをはずしました。

ところで、ビートはホイールのサイズがフロント13インチ、リア14インチと前後で違います。

そのため、前後のタイヤを間違えて装着しないように、ブレーキローターのところにピンが付いてます(写真の赤丸部分)。

スペアタイヤに交換

このピンをはずす場合は、ブレーキローターが回らないように固定する必要があります。

スペアタイヤに交換

スペアタイヤはビート専用仕様になってます。先ほどのピンをよけるようにスペアタイヤには穴があけられてます。ビート専用ではないスペアタイヤの場合はピンをはずして装着することになると思います。

スペアタイヤに交換

ナットを手で締められるところまで締めて、ジャッキを降ろします。レンチで対角にナットを締めて装着完了です。