ホンダ ビート ドット ジェーピーhonda-beat.jp

ホンダ ビート をこよなく愛するすべての方へ

スーパーアグリ・フォーミュラワン

このエントリーをはてなブックマークに追加

正式に参加承認が降りたようですね。プライベートチームという事で、いろいろな面で大変な事もあるんでしょうね。これからが本当に大変な毎日だと思います。ただ、プライベートチームと言っても金持ちが道楽でやるチームじゃないから、その辺はすごく夢があると思います。

開幕当初は厳しい状況でのレースでしょうけど、次につなげて早い段階でステップアップして欲しいものです。とりあえず、レース車両を早く見たいぞ。

ASAHI.COMより引用

スーパーアグリ、F1参戦を承認

国際自動車連盟(FIA)は26日、自動車F1シリーズに06年シーズンからの参入を目指す新チームのスーパーアグリ・フォーミュラ1(鈴木亜久里代表)の参戦を受け付けたと発表した。

同チームは昨年11月に参戦を申請したが、「登録手続きに不備がある」などとして12月初旬の承認を見送られていた。追加承認に必要な既存全10チームの参戦同意を12月末までに取り付け、約57億円といわれる供託金を納めて再申請していた。

元F1ドライバーの鈴木氏が立ち上げた新チームで、ホンダからエンジン供給を受ける。ドライバーは昨年までBARホンダに乗っていた佐藤琢磨との契約交渉が進んでいる。第2ドライバーも昨年フォーミュラニッポンで総合2位だった井出有治が有力視される。タイヤもブリヂストンと交渉を進めており、純日本産のプライベートチームとしての参戦になる。

F1に新チームの参戦が認められたのは02年のトヨタ以来。日本資本の企業が外国チームを買い取って参戦したことはあるが、日本のプライベートチームが車両開発から取り組み年間参戦するのは初めて。

スーパーアグリでは3月12日決勝の開幕戦バーレーンGPに間に合わせるため、参戦承認を待たずに、02年までF1に参戦していたアロウズの車両をベースに開発を進めてきた。ただ、他チームはすでに今季のマシンのテスト走行を始めており、シーズン序盤の出遅れは必至だ。