honda-beat.jpホンダ ビート ドット ジェーピー

ホンダ ビート をこよなく愛するすべての方へ

プラグコードが腐食してました

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、エンジンが吹けないというか、トルク感がないというか、1気筒死んでるんじゃないかという症状。

plug04.jpgのサムネール画像

症状から「プラグがダメになったかな?」と思いプラグを購入してガレノブへ。

plug01.jpgのサムネール画像

plug02.jpgのサムネール画像

ガレノブへ到着後、早速、プラグ交換するためにエンジンリッドを開けてプラグコードを抜いてみると...。

plug03.jpgのサムネール画像

油まみれになっているプラグもありますが、特に問題はなさそう。

ところが、プラグコードの方を見てみると、端子が腐ってボロボロになっていて捥げました。原因はこれでした...。というか、この状態じゃまともに走らなくて当たり前ですね。これじゃまともにスパークしてないでしょうから。

plug05.jpgのサムネール画像

plug06.jpgのサムネール画像

ガレノブにたまたまプラグコードの予備があったので、それに交換してもらって一件落着です。

交換の必要がなかったプラグも新しいものを買ってしまっていたので交換しました。

それにしても、こんな風になってしまうんですね。プラグコードは10万キロ位で交換するのがいいようです。

nology_hotwire.jpgのサムネール画像

自分がノロジー・ホットワイヤーに交換したのはいつだったか全く覚えていませんが、確実に10万キロ以上走ってます。

ビートの場合、プラグコードのチェックとなると、普通の車のようにボンネットを開けて、というように簡単にはできないのが厄介ですね。

odometer.jpgのサムネール画像

エンジンオイルも定期交換時期になっていたので、ついでに交換しました。

engine_oil.jpgのサムネール画像

さて、プラグコードの次の10万キロ点検は来るのでしょうか?!