ホンダ ビート ドット ジェーピーhonda-beat.jp

ホンダ ビート をこよなく愛するすべての方へ

F1新規参戦チーム「スーパーアグリ・フォーミュラワン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいF1チームが発表されました。チーム代表は日本人で初めてF1の表彰台に立った鈴木亜久里氏だそうです。正式発表はないようですがドライバーの一人は佐藤琢磨に決定でしょう。表彰台を経験した二人の日本人がどのようなレースを見せてくれるか楽しみですね。

ここまで来ると、今度はもう一人のドライバーが誰なのかがすごく気になりますね。松浦孝亮?二人の日本人ドライバーなんてのもいいですね。

F1参戦へ鈴木亜久里代表 佐藤琢磨との交渉認める(共同通信より引用)

自動車の元F1ドライバー、鈴木亜久里氏(45)が1日、東京都港区のホンダ本社で記者会見し、来季からのF1参戦を目指す新チームを立ち上げ、チーム代表に就くことを発表した。

すでに国際自動車連盟(FIA)への申請を済ませ、12月初旬に参加の可否が決まる見通し。チーム名は「スーパーアグリ・フォーミュラワン」。ホンダからエンジン供給を受け、チーム所在地は東京都内。ただ、F1参戦実績のある元アロウズの旧施設を使用し、英国を活動拠点とする。

ドライバーは、BARホンダを去る佐藤琢磨との交渉を認めた。昨年の米国グランプリで日本人として鈴木氏以来14年ぶりの3位に入った佐藤は前向き。F1表彰台経験者の2人が同じチームで戦う可能性は高そうだ。 一部報道でソフトバンクの名が挙がったスポンサーについては「多くのスポンサーに集まってもらえれば強いチームが作れる。頑張っている最中です」と明言を避けた。

鈴木亜久里氏、新チームでF1挑戦…佐藤琢磨起用か(YOMIURI ONLINEより引用)

自動車のF1世界選手権の元ドライバー、鈴木亜久里氏(45)が1日、都内で記者会見し、来季から自らが代表となって新チーム「スーパーアグリ・フォーミュラ1」を組織してF1世界選手権に挑戦することを明らかにした。

 ホンダ製エンジンを搭載したマシンは「アグリ・ホンダ」という名称になる。

起用する2人のドライバーについては、佐藤琢磨(28)らと交渉。契約は交わしていないが、佐藤の起用は極めて濃厚。スポンサーについては、今回は明らかにしなかった。

新チームは先月26日に、国際自動車連盟(FIA)に来季の参加を申請。ただ、来年3月の開幕戦に完全に新設計のマシンを間に合わせるのは、時間的に極めて困難な状況。今季のBARホンダのマシンを改良して使うことが有力視され、「チームで車体を設計すること」という規定に抵触する可能性が指摘されている。参加の可否は、12月に判明し、チームは供託金4800万ドル(約55億円)を払い込む。

 鈴木代表は「ドライバーとしてF1を戦ってきて、もう一度、戻るのが夢だった」と笑顔を見せ、「資金もかかり、最初は大変だろうが、頂点を目指してがんばる」と抱負を語った。

琢磨が亜久里のチームに、来季から参戦(YOMIURI ONLINEより引用)

自動車のF1世界選手権で来季から参戦する新チームは、元F1ドライバーの鈴木亜久里氏が中心メンバーとなっていることが、31日分かった。

メーンスポンサーはソフトバンクで、チームはホンダからエンジンの供給を受ける。また、ドライバーの一人として今季までBARホンダ(来季からホンダ)に所属していた佐藤琢磨と交渉しており、佐藤が正ドライバーの一人となることは確実とみられる。1日にもチーム概要が発表される見通し。

新チームについては、10月初旬に「(現行の10チームではなく)11番目のチームが参戦する。ホンダはエンジンを供給し、技術援助も与える」とホンダ側が明らかにしていた。開幕までの準備期間がないことから、今季のBARの車体を改良して使用する見通し。