ホンダ ビート ドット ジェーピーhonda-beat.jp

ホンダ ビート をこよなく愛するすべての方へ

不調すぎてECUを交換してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジン・コントロール・ユニット/ECU

「アクセルを踏んでもレスポンスが悪い。」「パワー感がない。」「エンジンが一発で掛からない。」など、とにかく調子が悪すぎるという話をしてしていたらECUが悪いのではという話になり、予備のECUを貸してもらい交換してみました。

ビートのECUは助手席の後ろに設置されています。

エンジン・コントロール・ユニット/ECU

内装を外してカーペットをめくると3本のボルトでバルクヘッドに固定されています。助手席を外さなくてもECUが見えるところまでの作業は比較的簡単ですが、この先が大変です。

ECUに刺さっているコネクターを外すのが一苦労です。助手席を外していないので、助手席の背もたれ越しに作業しなければなりません。

ECUだけではなく大抵の場合、自動車で使われているコネクターは外しずらいですよね。簡単にはずすコツとかあるのでしょうか。

あまりに外れないのでドライバーなどを使って外そうと試行錯誤してなんとか外せましたが、コネクターの爪の部分が傷だらけでした。

エンジン・コントロール・ユニット/ECU

外したECUの中を見るとコンデンサーが液漏れしてる感じでした。まぁ、もう27年落ちですからね。今まで大して何もなかった方が不思議です。

エンジン・コントロール・ユニット/ECU

エンジン・コントロール・ユニット/ECU

ジャンパーは遠い昔にコンデンサーオフと称してビートオーナーで集まってメンテナンスした時のものです。

エンジン・コントロール・ユニット/ECU

交換した後に少し走ってきましたが、さっきまでと違って「楽しい!」と思える走りになりました。やはり原因はECUだった様です。

ECUの修理決定ですね。