ホンダ ビート ドット ジェーピーhonda-beat.jp

ホンダ ビート をこよなく愛するすべての方へ

プラグ交換 -イリジウムMAXプラグ-

このエントリーをはてなブックマークに追加

交換時走行距離:135,350km

久しぶりにプラグ交換をしました。プラグコードはNOLOGY HOT WIREを使っているので、前回交換した時はノロジー推奨プラグの「ベルーシルバーストーン」を使いましたが、今回はNGKの「イリジウムMAXプラグ:BKR6EIX-11P」を使いました。今回、NGKにした理由は特にないです...。ガレージ ノブのノブ君におまかせでした。
イリジウムMAXプラグ/BKR6EIX-11P

今回はプラグ交換だけなのですぐ終わるかな...。全然、あまかったです。プラグを交換後、エンジンをかけようとしたら、エンジンかからず。ここからがノブ君の試行錯誤の連続でした。

ついさっきまで問題なく動いていた車だけに「プラグを交換しただけなのになぜ?」という感じです。まずはプラグ交換でプラグコードをはずしたので、「プラグコードにトラブルか?」という事でプラグコードを他のものに交換してみる。しかし、これでもエンジンかからず。セルは回ってる。燃料ポンプも動いてる。スパークもしてるみたいだし...。

まさか、新品のプラグが不良品?でも、3本とも不良品なんてありえない。とりあえず、プラグも元々付いていた「ベルーシルバーストーン」に戻してみるが、やはり、エンジンはかからない。プラグコードを何度も差し替えたり、とうとうデスビのカバーもはずす始末。
イリジウムMAXプラグ/BKR6EIX-11P

そして、いろいろやっているとプラグの1番とデスビの3番をプラグコードで繋ぐというように、3本それぞれをずらして繋ぐとエンジンがかかるではないですか。これでやっと原因が分かりました。なんと、デスビの取り付け位置がずれていたのです。それも、エンジンがかかるようにずらして取り付けてあったのです。

このデスビは、前回の車検の際にホンダのディーラーで取り替えてもらったものです。「まったくもう〜」といった感じですよ。今回はノブ君のところでプラグ交換したからきちんと直せたけど、他のショップとかで交換してたら、また、ずっとこのままだったかも。ノブ君、お手数かけました。