ホンダ ビート ドット ジェーピーhonda-beat.jp

ホンダ ビート をこよなく愛するすべての方へ

一人旅 前編 3~4日

このエントリーをはてなブックマークに追加

s-hitoriryokou 003.jpg
今回は、一人で旅がしたかった。去年は、忙しいばかりで、生きている心地がしなかった。毎日、残業して、酷いと会社に宿泊です。それでも、仕事があるのは良いことだと思いました。

でも、こんな生活していると、長生きしないし、家族も放置している。こんな事をする為に、仕事をしているのでは無いと思いました。他にもいろいろ考えている事があり、それをまとめる為に、一人で、旅がしたいと思ったのです。
s-hitoriryokou 004.jpg
最初に行ったのは、スカイツリーです。みんな空を見上げていました。本当に高いですね。完成が楽しみです。
s-hitoriryokou 005.jpg
次の目的地は、朝霧高原にあるキャンプ場です。道志道を使って行きました。道志道は、気持ち良い道路です。道の駅で休憩。
s-hitoriryokou 006.jpg
富士の道の駅では、お餅つきをしていました。お正月を感じますね。無料で配っていましたが、行列をみて、断念。
s-hitoriryokou 008.jpg
あと少しで目的地です。でも曇ってきました。夜は、雪かな?
s-hitoriryokou 009.jpg
到着~♪早速テントを張って、キャンプの準備です。明るいうちにやらないと大変ですからね。今回、キャンプした場所は、朝霧ジャンボリーオートキャンプ場です。単純に宿泊費が安いので決めました。元々は、ゴルフのコースだったようです。フェアウェイにテント張ってる感じです。私の人生はOB連発ですが・・・ラフでもあります。
s-hitoriryokou 010.jpg
準備もできたので、今度は温泉に行きました。旅と言えば、グルメと温泉ですね。気持ちいい~☆。
s-hitoriryokou 011.jpg
温泉から帰ってくると、辺りは暗くなり、気温もぐっと下がりました。暖を取るのに焚き火は最高です。焚き火ついでに、味噌鍋を作りました。これが奇跡的に上手い。二時間ぐらい焚き火して、初日は寝ました。キャンプ場には、他にも宿泊している物好きがいたので、なんとなく安心して寝れます。

夜は静かです。20mぐらい離れた所にテントを張っていた男女の会話が聞こえてきました。『今更、奥さんと離婚しないのでしょ』そんな会話でした。耳がダンボになってました。そんな事はどうでもいいかなんて思ってたら寝てました。
s-hitoriryokou 013.jpg
起きてみたら、とても良い天気です。富士山が目の前に良く見えます。今日は、フジ・スピードウェイでK4GPのライセンスを取りに行くのです。
s-hitoriryokou 014.jpg
霰が降っていたようです。気温は-5度。寒いよね。
s-hitoriryokou 015.jpg
クッカーも完全に凍っていました。
s-hitoriryokou 016.jpg
フジにGOGO。60キロも離れてました。
s-hitoriryokou 017.jpg
到着~♪つや消し黒のビートが走行会に出るので応戦もしてきました。
s-hitoriryokou 018.jpg
男のビートです。ヒーターも無いので、バイクに乗る時と同じぐらい防寒対策をしないと乗れないです。
s-hitoriryokou 019.jpg
未完成ながら、かっこいいレースカーがいました。エンジンとミッションはビートでした。

もう一台ビートがいました。千葉ピーナッツRacingのビートです。かなり作りこんでありました。オイラも競争してみたいです。

無事にライセンスも取得できたので、またキャンプ場に戻ってきました。
s-hitoriryokou 023.jpg
二日目の夜は、星が綺麗だった。物凄くゆっくりと流れる流れ星をみました。とりあえず、金金金と連呼しときましたので、これでもうお金の心配はありません。でも今考えるとUFOだったかも。もしそうだったら迷惑な話です。願いが叶わないじゃないか。

盛大に焚き火をして、焼肉と野菜スープを食べました。焼肉は、一人分の食材が手にはいらないので、食べ過ぎました。
s-hitoriryokou 027.jpg
5日の朝は、こんな感じで最高の気分です。これから雪国を目指して走ります。一人でキャンプは、不安でしたが、普段、会社で車中泊しているのと同じでした。もう少し寝心地にこだわらなくちゃいけないと思いました。まだ旅は始まったばかり、ワクワクします。

中編へつづく